海外移住

【海外移住】私がオーストラリアに移住した理由(後編)

オーストラリア移住

【海外移住】私がオーストラリアに移住した理由(前編)では、私がオーストラリアを移住先に選んだ理由を説明しました。

今回は、オーストラリアのシドニーを移住先に選んだ際に他にも考慮したことをご紹介します。

オーストラリア移住
【海外移住】私がオーストラリアに移住した理由(前編)『なぜ、たくさんある国の中からオーストラリアを移住先に選んだの?』と疑問に思う人もいるかもしれません。 実は、大学三年生の時にオー...

移住の理由1:オーストラリアの物価

オーストラリアドル海外で長期間暮らすには資金が必要です。私の場合、海外に渡る資金は自分で用意するというのが両親との約束でした。

そのため、アルバイトをして貯めた限られたお金をどのように使うのか、つまり海外での学費や生活費をどのくらいの間自分で賄うことができるのかということがとても重要なポイントでした

海外移住の費用を貯める
学生の私が海外移住の費用を貯めた方法『海外移住にかかる費用はどうやって貯めればいいのだろう』と思っていませんか? 海外に長期間滞在するとなると必要な金額は大きくなるの...

15年前のオーストラリアの物価は現在よりもだいぶ安く、他の英語圏の国、例えばアメリカやイギリスなどに渡るよりも経済的でした。

自分の力で海外移住という夢を実現できる可能性が高いということは、国を選ぶ上でとても魅力的でした。

私がオーストラリアで短期留学をした2003年、1オーストラリアドル=70円台半ばから後半くらい。

そして本格的にオーストラリアに渡った2005年は円安が進み、1オーストラリアドル=80円台後半くらい。

2020年3月現在、1オーストラリアドル=60円台半ばと円高が進んでいます。

移住の理由2:オーストラリアで一番大きい都市へ

シドニーの風景オーストラリアの中でも、シドニーではなくメルボルンやブリスベンなど、他の都市に行くという選択肢もありました。

ただ、一番大きい都市に行った方がチャンスに恵まれる可能性が高くなるのではないかと考え、シドニーを選びました。

当時、20代前半で日本での実務経験がなかった私は、オーストラリアの専門職業リストに載っている調理師の勉強をして技術独立移住ビザの取得を目指しました

しかし、調理師コースに通っている途中でビザ申請の必要事項に変更があり、コースを卒業するだけではなく実務経験を積むことも必要となりました。

シドニーには多くのレストランがあります。予期せぬ法律の改正にも、数多くのレストランの中から仕事を探して対応することができたのでよかったと思っています。

移住の理由3:永住権の取りやすい国へ

地球儀永住権の取得を視野に入れる場合、ビザの取りやすさも考慮して戦略的に考える必要があります

国によって、そしてあなたの年齢英語力職業などによって難易度が変わってくるからです

もちろん、永住権を取得するために、行きたくない国に行くことはお勧めしません。

私の場合、行きたいと思った国に努力をすれば実現可能な選択肢があったということが幸運でした。

オーストラリアの永住権を取得して喜んでいる女性
20代前半でオーストラリアの永住権を取得した方法大学三年生の夏にシドニーへの短期語学留学を経験し、大学卒業後にオーストラリアに渡ることを決心した私。 帰国後に永住権を取得するため...

最後に

いろいろな偶然や経験、そして情報が交差する中で、最終的に選んだオーストラリアのシドニー。

今振り返ってみても、大学生の時の短期留学は私の人生においてとても貴重な経験でした。

短い期間であっても、海外に住んで現地の人と同じように生活を送ることには大きな意味があります。

どんなに頭の中でシミュレーションをしても、実際にやってみないと分からないことがたくさんあるからです

また、 私がシドニーで生きていく将来の自分をクリアにイメージすることができたように、外に一歩足を踏み出すことで、見えてくるものや感じることがあるのではないでしょうか。

最後までありがとうございました。
この記事が「役立ったよ」という方は応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ