自己紹介

Living in two cultures
スコダ
スコダ
はじめまして。Living in two culturesへようこそ!

スコダのプロフィール

早稲田大学卒業と同時に単身で渡豪。調理師コースで二年間学んだ後、永住権を取得しました。

シドニー在住16年目。飲食業界、観光業界、テレビ業界を経て、現在は一児の母兼フリーランス・ライターです。

趣味は旅行、読書、水泳、スキー、料理、そして美味しいものを食べること。

特に甘い物やワインに目がありません。

早稲田大学出身というと、「英語がもともと得意だったのでは?」と思われることが多いのですが、そんなことはありません。

外国からの観光客の人に道を聞かれただけでも、あたふたして一言も言葉が出ないくらい英語は大の苦手でした。

受験英語は暗記をすることでどうにかできたかもしれません。

でも、海外に出て必要なのは文法よりもコミュニケーション能力です。

そんな私がどうやって苦手な英語を克服して、単身で海外移住という目標を達成したのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。

Living in two culturesとは?

Living in two culturesは、大学卒業と同時に単身で海外に出た私が、海外移住・英語独学・オーストラリア生活・子育て情報を中心に綴ったものです。

海外での生活に興味のある方々が持つかもしれない素朴な疑問にお答えしていきます。

「日本とオーストラリアという二つの文化で生きていくとはどういうことなのか、私自身の言葉で皆さんにお届けする」というメッセージを込めて、Living in two culturesとネーミングしました。

なぜ、ブログを始めようと思ったのか

私がブログを始めたのは、大げさかもしれませんが「二つの文化の架け橋のような存在になりたい」と思ったのがきっかけです。

今年、オーストラリアに移住して丸15年という節目の年を迎えました。

現在、私は育休を取得中。このまま仕事に復帰するか、それともこれを機会に新しく何かを始めるか、子育てで慌ただしく過ぎていく日々の中で少しずつ考えるようになりました。

そして、私にできることは何かと考えた結果、たどり着いたのはこれまでの経験を「ブログ」という形にするということ。

私自身の経験をありのまま綴りみなさんにお届けすることで、海外での生活に興味のある方々が最初の一歩を踏み出すきっかけになればいいなと思っています。

  • 英会話をマスターしたい方
  • 海外での生活ってどういう感じなのだろうと興味のある方
  • どうやって海外移住をしたのか興味のある方
  • 日本での生活に疑問を感じ、海外に出たいと思っている方
  • 海外移住に興味があるけれど、何から始めればいいのかわからない方

そんな方々を応援できるサイトを目指しています。

私が海外に渡った当時、オーストラリアで唯一知り合いと呼べるのはオーストラリアの生活情報サイトを運営していた日本人の男性だけでした。

その方にはオーストラリアでの生活のノウハウを教えていただき、とても感謝しています。今の私がいるのもその方のおかげです。

一人で未知の世界に乗り込むのはとても勇気のいることです。

私もこれまでいろいろな困難に立ち向かい、そして乗り越えてきました。

私の経験を共有することで、みなさんの不安を取り除き、少しでも多くの人の背中を後押しできればと思っています。

諦めなければ目標は達成できるし、夢は叶います。

ご質問やご相談がありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

オーストラリアの情報サイトbushtuckerでもフリーランス・ライターとして記事を書いています。興味のある方は是非ご覧ください。