英語独学

英語の面接で質問にスムーズに答えるためにできること(質問編)

英語の面接で質問にスムーズに答える

英語での面接を控えて、

『どんなことを聞かれるのだろう』『質問にスムーズに答えられるだろうか』

と悩んでいませんか?

面接でよく聞かれる質問のタイプがわかると、イメージトレーニングがしやすくなり、自信がつきますよ。

スコダ
スコダ
私も面接前には必ず事前準備をしてきました。

この記事では、面接でよく聞かれる二つのタイプの質問をご紹介していきたいと思います。

どのような質問があるのかを知り、受け答えを練習することで、落ち着いて面接当日を迎えることができるようになりますよ。

英語の面接で質問に答える
英語の面接で質問にスムーズに答えるためにできること英語の面接が決まった! でも、『英語の面接ってどんな感じなんだろう』『面接前に何ができるのだろう』 と悩んでいませんか? ...

英語の面接でよく聞かれる一般的な質問

英語の面接で質問に答える英語の面接でよく聞かれる質問には二種類あります。以下はその一つの一般的な面接の質問例です。

  • Tell me about yourself.
    あなた自身について教えてください。

    自己紹介ではなく、これまでの職歴やスキルのアピールや応募した仕事に対する思いを簡潔に述べることが重要です。
  • What do you know about the company?
    当社についてどのようなことをご存知ですか?

    応募した仕事だけでなく、会社についても事前にリサーチをしておきましょう。
  • Why do you want to work for us?
    なぜ当社で働きたいのですか?

    なぜ応募した仕事が魅力的なのかだけでなく、なぜその会社がいいのか、自分の長期的なキャリア目標などと合わせて説明するといいと思います。
  • Why are you leaving your current job?
    なぜ、現在の仕事を辞められるのですか?

    「次の挑戦をしたい!」など、必ずポジティブな回答ができるようにしておきましょう。
  • What are you looking for in this job?
    この仕事に何を求めていますか?

    自分が求めている仕事内容や環境、やりがいなど具体的に答えられるようにしておきましょう。
  • What are your strengths/weaknesses?
    あなたの長所/短所はなんですか?

    自分の長所が応募した仕事に合っていることをアピールできるといいと思います。
    短所は自分自身を理解しているということなので伝えて問題ありません。
    ただ、短所を述べるだけでなく克服するために努力していることなども補足しましょう。そうすることで、前向きな印象を与えることができます。
    スコダ
    スコダ
    あまりネガティブにならないようにすることがポイント!
  • How would your colleagues/friends describe you?
    同僚/友人にどのような人だと言われますか?

    候補者が自分自身のことをどのように理解しているかということを見極めるために聞かれる質問です。
    今までに周りの人から言われたことのある長所をアピールできるようにしておきましょう。
  • Are you a team player?
    あなたはチームプレーヤーですか(協調性がありますか)?

    もちろん「Yes」が答えになると思いますが、なぜ「Yes」なのか、具体的な例をあげられるようにすることが大切です。
  • What is your greatest professional accomplishment?
    これまでの職歴の中であなたが成し遂げた最も重要なことは何ですか?

    自分のこれまでの職歴を振り返って、いいエピソードを見つけておきましょう。
  • What have you learned from mistakes on the job?
    今までに仕事上の失敗から学んだことは何ですか?

    失敗したけれど、そこから学んでポジティブな結果になったという具体例をあげることが大切です。
  • How do you deal with stressful situations?
    ストレスを感じる状況にどのように対応しますか?

    候補者がどのように物事に対応するのかを見極めるために聞かれる質問です。
  • What qualities do you look for in a boss?
    どのような上司と働きたいですか?

    候補者がどのようなマネジメントスタイルを好むのかを知るために聞かれる質問です。
  • Please explain how you would be an asset to this company.
    あなたは当社にどのように貢献できるとお考えですか。

    今までの職歴やスキルなどを用いて、あなたがどのように会社に貢献できるかをアピールしましょう。
  • Why should we hire you?
    なぜ、あなたを雇うべきですか?

    一つ前の質問と似た趣旨になります。
    経験やスキルをアピールして、他の候補者よりもあなたを採用するメリットを説明できるようにしておきましょう。
    英語のレジュメやカバーレターもそうですが、面接でも自信を持って自分自信を売り込むことが大切です。
    スコダ
    スコダ
    面接官を説得するくらいの気持ちで臨みましょう! 
  • How long would you expect to work for us if hired?
    この仕事が決まったら、どのくらいの期間当社で働きたいと思っていますか?

    具体的に年数をあげなくても、経験を積むためにできるだけ長い期間働きたいという意思を伝えるといいと思います。
  • Where do you see yourself in 5/10 years?
    五年/10年先の自分はどうありたいと思っていますか?

    候補者がキャリアにおいて目標を持っているのか、そしてその目標が応募した仕事に合ったものかなどを見極めるために聞かれる質問です。
    応募したポジションで経験を積み、将来の可能性を広げていきたいことを伝えるといいと思います。
  • Do you have any questions you would like to ask?
    何か質問はありますか?

    何もないというのは避けましょう。
    応募した仕事に関心があるということを伝えるためにも、自分からできる質問を以下の例のようにいくつか準備していくことをお勧めします。
    部署に何人くらいいますか?
    会社/部署はどのような雰囲気ですか?
    この会社で働いていてよかったことは何ですか?
    また、もし募集要項にお給料が示されていない場合は、確認することも忘れないようにしましょう。

英語の行動面接で聞かれる質問

英語の面接で質問に答える面接の際に聞かれる質問は上記のような一般的な質問もありますが、会社によっては、Behavioral Interview(行動面接)を行うところもあります。

行動面接の質問では「Tell me about a time when…」というように、特定の状況下であなたが取った行動について聞かれます。

今まで職場で経験したことをしっかりと振り返って準備をしておかないと答えに詰まってしまうタイプの質問です。

スコダ
スコダ
事前準備が必須!

どのような内容の行動面接の質問をされるかは、応募している職種によって変わってきますが、行動面接で聞かれるのは以下のような質問です。

  • Tell me about a time when you had to overcome a majour challenge.
    大きな難関を克服した時のことを教えてください。
  • Tell me about a time when you had to work with a difficult person.
    気難しい人と働かなければいけなかった時のことを教えてください。
  • Tell me about a time when you had too many things to do and you were required to prioritise your tasks.
    やらなければいけないことが多すぎて、作業に優先順位をつけなければいけなかった時のことを教えてください。
  • Tell me about a time when you had to adjust to a colleague’s working style in order to complete a project.
    プロジェクトを完了するために同僚の働き方に合わせなければいけなかった時のことを教えてください。
  • Tell me about a time when you set a goal and you were able to achieve it.
    目標を設定して達成することができた時のことを教えてください。
  • Tell me about a problem that you have solved in a unique way.
    独特な方法で問題を解決した時のことを教えてください。

行動面接の質問に答えるときは、具体的な状況、あなたがどのような行動を取ったのか、そしてどのような結果になったのかということを簡潔に答えることが求められます。

質問に答える時は以下の三つのポイントをカバーすることが大切です。

  1. What happened?(何があったのか?)
  2. What did you do?(あなたは何をしたのか?)
  3. What was the result?(どのような結果になったのか?)

最後に

英語の面接の際に聞かれる「一般的な質問」と「行動面接の質問」を理解し、事前準備をしっかりとすることで、面接当日にリラックスしてどんな質問をされても柔軟に対応することができるようになると思います。

自信を持って自分の経験やスキルをアピールし、どれだけこの仕事が欲しいのかという熱意を面接官に伝えましょう。

スコダ
スコダ
Good luck!

最後までありがとうございました。
この記事が「役立ったよ」という方は応援クリックお願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ