オーストラリア生活

オーストラリアでバイト・仕事探しをしよう(後編)

オーストラリアでバイト・仕事探し

オーストラリアでバイト・仕事探しをしよう(前編)では、私がどのようにしてオーストラリアで初めての仕事を得たのかお話ししました。

今回は、具体的にオーストラリアでバイトや仕事を探す方法を説明していきたいと思います。

オーストラリアでバイト・仕事探し
オーストラリアでバイト・仕事探しをしよう(前編)これまでに、飲食業界旅行業界テレビ業界と様々な業界で働いてきました。 オーストラリアに渡ってから15年以上経つ今でも、初めて仕事を...

オーストラリアでバイト・仕事の求人情報を探す

人材募集中のサインオーストラリアで求人情報を探す主な方法は以下になります。

  1. インターネットの求人サイト
    Seek
    私が一番利用したのはSeekになります。
    CareerOne
    利用したことはないのですが、こちらも主要な求人サイトです。
    I work for NSW
    NSW州の政府の仕事を見つけるのに最適なサイトです。
  2. 人材紹介会社
    私自身、テレビ業界での仕事を探していた時にメディアに強い人材紹介会社に登録をした経験があります。
    インターネットで「Recruitment Agency」と検索するとたくさん出てきますよ。
  3. 新聞
    インターネットが主流ですが、新聞にも広告が出ています。
  4. 飛び込み
    業種によりますが、レストランやカフェなどの仕事を探している場合は効果的な方法です。
  5. 知人の紹介
    紹介だとスムーズに仕事が決まることも多いです。
  6. Linkedin(リンクトイン)
    ビシネスに特化したソーシャル・ネットワーキング・サービス。求人の検索もできます。

オーストラリアでの仕事を探しはインターネットが一般的です

しかし、レストランやカフェのように店舗を構えている業種の仕事は、飛び込みで応募をするのも効果的だと思います。

求人情報がお店に張り出されていることも多くあります。

私自身、ホテルのレストランにも飛び込みで訪れて交渉しました。

そして、職場体験をする機会をもらい、その時の仕事ぶりを評価してもらって雇ってもらうところまでこぎつけたこともあります。

オーストラリアで仕事を得るには

仕事の面接の様子経験のない業界での仕事を探す際になかなか面接に呼ばれないという場合は、少し違った発想でアプローチをすることも可能です。

私が旅行業界からテレビ業界への転職を目指していた時、求人サイトから数百の仕事に応募しましたが、経験がない私は面接に呼ばれることすらありませんでした。

経験を積みたいから応募しているのに、経験がないために仕事が得られないというもどかしい状況

できることをやってみようと、仕事終わりにメディア関連の職場体験ボランティア、そしてコースを受講する日々を送りました

メディア関連のボランティアをしていた時、友人の兄がテレビドラマのプロデューサーをしていたので、頼み込んで職場体験をさせてもらったこともあります。

他にも、ミュージックビデオの撮影や料理番組の撮影の裏方のボランティアを経験しました。

英語のレジュメ(履歴書)に、どのような職場体験やボランティアをしてきたかということを書くことによって、どれだけその業界で働きたいのかをアピールすることが可能です。

英語のレジュメの書き方
面接につながる「英語のレジュメ」の書き方これまでに、オーストラリアでバイト・仕事探しをしよう(前編)とオーストラリアでバイト・仕事探しをしよう(後編)において、オーストラリアで...

実際に仕事を得るまでには数年かかりましたが、最終的に私にチャンスをくれる会社に出会うことができました。

その後、同じ業界内で転職もしましたが、知人の紹介で転職先もスムーズに決まりました。

一生懸命働き、職場の人といい関係を築くことで、その後の転職につながる可能性もあります。

最後に

「生きている限り全ての出来事は身になる」と言われたことがあります。

仕事先の突然の閉店や給料の未払いなど、いろいろなことがありました。

このような経験を通して、どんな経験でも学んだことを次に生かすことは可能で、無駄になることは決してないということを実感しました

すぐに希望の仕事が見つからなくても、地道に努力を続けていれば、遅かれ早かれチャンスは訪れます。

特にオーストラリアでは、自分から積極的に行動を起こすことで「開く扉」が多いと、在住15年以上経った今も感じています。

最後までありがとうございました。
この記事が「役立ったよ」という方は応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ