英語独学

あなたはいくつわかる?オーストラリアのスラング47選!

オーストラリアのスラング

辞書や参考書には載っていないオーストラリアのスラング。

『どんな意味なのだろう』と思ったことはありませんか?

実は、オーストラリアでは日常会話でスラングが頻繁に使われます。

私自身、オーストラリアに渡った当時はスラングの意味がわかりませんでした。

スコダ
スコダ
一体何を言っているのだろう?と首をかしげたものです。

この記事では、オーストラリアでよく使われる代表的なスラング47選をご紹介します。

スラングの意味がわかると友人との会話も弾み、オーストラリア生活がさらに楽しいものになりますよ。

オーストラリアのスラング・単語

オーストラリアのスラングの特徴は以下になります。

  • 友人や親しい知人との会話など、カジュアルな場面で使われる
  • 略語のように元々の単語やフレーズを省略したものが多い
  • なぜか、可愛く聞こえるものが多い!

以下では、カテゴリー別にスラングを紹介していきます。

スコダ
スコダ
イラストを見てわかるスラングはいくつある?

持ち物編

オーストラリアのスラング
  1. Sunnies(サニーズ)
    意味:Sunglasses(サングラス)
    I bought a new pair of sunnies the other day.
    新しいサングラスを先日購入しました。
  2. Cossie / Cozzie(コジー)
    意味:Swimwear(水着)
    Your cossie look nice! Where did you get it?
    素敵な水着だね!どこで買ったの?
  3. Lippy(リッピー)
    意味:Lipstick(リップスティック)
    Hmm…I cannot seem to locate the lippy in my bag.
    あれっ、バッグの中にリップスティックが見つからないな・・・。
  4. Thongs(ソングズ)
    意味:Beach sandals(ビーチサンダル)
    Where are my thongs?
    私のビーチサンダルはどこ?
  5. Telly(テリー)
    意味:TV(テレビ)
    Hey, let’s watch Footy on telly tonight!
    ねえ、今夜はテレビでフットボールを見よう!
スコダ
スコダ
Footy(フッティー)はオーストラリアンフットボールを意味するスラングだよ!

食べ物編

オーストラリアのスラング
  1. Brekkie(ブレッキー)
    意味:Breakfast(朝食)
    What do you want to have for brekkie?
    朝食に何を食べたい?
  2. Veggies(ベジーズ)
    意味:Vegetables(野菜)
    You should have more veggies. They are good for you.
    野菜は体にいいから、もっと食べるべきだよ。

    Vego(ベジョ)はベジタリアンの人を意味するスラング。
  3. Avo(アヴォ)
    意味:Avocado(アボカド)
    Can I have a smashed avo on toast, please?
    アボカドトーストをお願いします。
  4. Chips(チップス)
    意味:Fried potato(フライドポテト)
    I love Maccas’ chips! I cannot stop eating once I start!
    マクドナルドのフライドポテトは美味しくて、食べ始めると食べる手が止まらない!

    Maccas(マッカス)とはマクドナルドを意味するスラング。
  5. Spag bol(スパグボール)
    意味:Spaghetti Bolognese(スパゲティ・ボロネーゼ)
    My mum’s spag bol is delicious. I had seconds and I’m now stuffed!
    母の作るミートソースは美味しい。お代わりしたから、お腹いっぱい!

    スパゲティ・ボロネーズとは日本でいうミートソースのこと。
    I’m stuffed.(お腹がいっぱい)もよく使われるスラングです。
  6. Sanga(サンガ)
    意味:Sandwich(サンドイッチ)
    I might grab a sanga for lunch.
    ランチにサンドイッチを買ってこようかな。
  7. Snag(スナグ)
    意味:Sausage(ソーセージ)
    Let’s get a snag roll from the bakery!
    パン屋さんでソーセージロールを買おう!

お菓子編

オーストラリアのスラング
  1. Lollies(ロリーズ)
    意味:Candy (キャンディー)
    What are your favourite lollies?
    あなたの好きなキャンディーは何?

    飴だけでなく、お菓子の総称としても使われます。
  2. Chokkie(チョッキーズ)
    意味:Chocolate(チョコレート)
    What is your favourite chokkie?
    好きなチョコレートは何?
  3. Cuppa(カッパ)
    意味:Cup of tea (紅茶)
    Do you want to grab a cuppa?
    紅茶飲まない?
  4. Bikkie(ビッキー)
    意味:Biscuit(ビスケット)
    I bought some bikkies at supermarket today because they were on special.
    スーパーでセールをしていたから、ビスケットを買いました。
スコダ
スコダ
大手のスーパーWoolworthsはWoolies(ウォリーズ)とスラングで呼ばれるよ!

ソーシャル編

オーストラリアのスラング
  1. Barbie(バービー)
    意味:Barbeque(バーベキュー)
    Let’s put on barbie this weekend!
    週末にバーベキューをしよう!

    メールなどではBBQとさらに省略されます。
  2. Stubby/Stubbie(スタビー)
    意味:A bottle of beer (ボトルのビール)
    Can you please get me a stubby from the Esky?
    クーラーボックスからビールを取ってくれる?

    Stubbyとは、通常375mlの瓶ビールのこと。
    Esky(エスキー)はクーラーボックス、Bottle-O(ボトロー)は酒屋のことを表すスラングです。
    また、パブなどで食べ物や飲み物を人におごる時は次のように表現します。
    It’s my shout! / It’s on me!
    これは私のおごり!
  3. Mozzie(モジー)
    意味:Mosquito(蚊)
    Oh no! I got bitten by a mozzie.
    やだ、蚊に刺された!
  4. Aussie(オージー)
    意味:Australian (オーストラリア人)
    I think she is Aussie, not Canadian.
    彼女はカナダ人ではなくてオーストラリア人だと思うよ。
  5. Pressie(プレジー)
    意味:Present(プレセント)
    I went to a shopping mall yesterday to get a pressie for my mum’s birthday.
    母の誕生日プレセントを買うために、昨日ショッピングモールに行ってきた。
  6. Chrissie / Chrissy(クリシー)
    意味:Christmas(クリスマス)
    What’s your plan for Chrissie this year?
    今年のクリスマスの予定は?
スコダ
スコダ
プレジーやクリシーなど語尾を伸ばすスラングの響きはかわいい!

オーストラリアのスラング・フレーズ

オーストラリアのスラングここでは、日常生活で使われるオーストラリアのスラングの単語やフレーズを紹介します。

挨拶編

  • Hiya!(ハイヤ)
    意味:Hi! / Hello!(こんにちは。)
  • How’s it going?(ハウズ・イット・ゴーイン)
    意味:How are you?(元気?)
  • Have a good one!(ハブ・ア・グッド・ワン)
    意味:Have a good day!(よい一日を!)
  • Take it easy.(テイク・イット・イージー)
    意味:Goodbye.(じゃあね。)

シェアメイトや近所の人との挨拶などでよく使われますよ!

スコダ
スコダ
Hiya! How’s it going?(こんにちは!元気?)
シェアメイト
シェアメイト
I’m good, thanks! You?(元気だよ。あなたは?)
スコダ
スコダ
Not too bad. Have a good one!(悪くないよ!良い一日を!)

会話編

  • No worries. / No drama.(ノー・ウォーリーズ/ノー・ドラマ)
    意味:Don’t worry. That’s ok.(大丈夫だよ)

    Thank you. や Sorry. と言われた時の受け答えで使われることが多いですよ。
  • Ta / Cheers(タ/チアーズ)
    意味:Thank you. Thanks.(ありがとう)
  • Yep(ヤップ)
    意味:Yes(はい)
  • Nup(ノップ)
    意味:No(いいえ)
  • Good on ya!(グッド・オン・ヤ)
    意味:Great(よくやったね/すごいね)
  • Sweet as(スウィート・アズ)
    意味:Ok / Great / Awesome(いいね)
  • Defo(デフォ)
    意味:Definitely(もちろん)
    Do you want to grab a drink after work?
    仕事の後に飲みに行かない?
    Defo!
    もちろん!
  • Cya this arvo!(シーヤ・ディス・アーヴォ)
    意味:I will see you this afternoon.
    午後に会おうね。

感情・表現編

  • Devo(デボォ)
    意味:Devastated(とてもがっかり)
    Holiday is over. I’m so devo!
    休暇が終わって超がっかり!
  • Flat out(フラット・アウト)
    意味:Very busy(忙しい)
    Sorry, I cannot talk right now. I’m flat out with so many meetings today.
    ごめんね。今話せないの。今日は会議ばっかりでとても忙しいんだ。
  • Comfy(コンフィー)
    意味:Comfortable(心地よい)
    This jamper is so soft and comfy.
    このジャンパーは柔らかくて暖かい。
  • Doggy(ドッジー)
    意味:Suspicious(怪しい)
    This email sounds doggy. It must be scam.
    このEメールは怪しい。詐欺に違いない。

最後に

オーストラリアのスラングといえば、G’day mate! と思われがちですが、実際に使うのは照れ臭いですよね。

私自身、オーストラリアに15年以上住んでいますが会話で使うことはありません。

上記で紹介した単語やフレーズは使っても自然なので、友人やシェアメイトとの会話に取り入れみませんか?

スコダ
スコダ
オージー度がアップしますよ!

動画での英語学習に興味のある方は、以下もご覧ください。

英語学習ができるおすすめのアプリ
楽しく英語学習!アプリを使ったおすすめの勉強法英語を独学している人であれば、『無理せずに楽しく英語学習ができるサイトやアプリってないのかな?』と思ったことが一度はあるのではないでしょ...

最後までありがとうございました。
この記事が「役立ったよ」という方は応援クリックお願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ