オーストラリア土産

オーストラリアのお土産に!ナチュラルスキンケア&コスメ10選

オーストラリアのお土産コスメ

オーストラリアのスキンケアやコスメブランドに興味があるけれど、

『どのブランドがいいのかな』
『高そうだけど、安くて気軽に試せるブランドはあるかな』

と思ったことはありませんか?

実は、ナチュラル志向でオーガニックブランドの多いオーストラリアでは、リーズナブルな価格で購入できる、質の良いナチュラルスキンケア・コスメブランドが多く存在します。

スコダ
スコダ
プチプラコスメって助かる!

私自身、オーストラリアに住み始めてからこれまでの15年間、いろいろなアイテムを試してきました。

この記事では、オーストラリアで購入できるおすすめナチュラルスキンケアとコスメブランド10選をご紹介します。

この記事を読み終えるまでには、自分へのご褒美やプレゼントにぴったりなアイテムが見つかりますよ。

ナチュラルスキンケアといえば「Sukin(スキン)」

オーストラリアのお土産スキンケアSukinPhoto by Sukoda – Natural Deodorant $6.95(約480円)/Natural Balance Shampoo(1L) $26.95(約1900円)/Anti-Pollution Facial Masque & Purifying Facial Masque $19.95 each(各約1400円) 2020年4月現在1オーストラリアドル=約69円

2007年にメルボルンで誕生した100%ビーガンスキンケアブランドSukin

肌や動物、環境に優しいだけでなく、お財布にも優しいのが人気の理由!

フェイスケア以外にも、ボディケアやヘアケア、メンズラインのアイテムも充実しています。

私がSukinに出会ったのは留学生の時。ナチュラルスキンケアなのにお手頃な値段というところに惹かれて試したことがきっかけでした。

それ以来、数種類のアイテムを愛用していますが、特に気に入っているのは泥パックのような質感のFacial Masque(クレイマスク)。

洗顔後に顔に塗って15分ほどしてからぬるま湯で流すと、肌がマシュマロのように柔らかくなりますよ。

スキンのクレイマスクPhoto by Sukoda
SukinのクレイマスクPhoto by Sukoda

余分なものが入っていないということもあり、シャンプーやトナー(化粧水)、デオドラントなどはさらっとした軽い使い心地。

オーストラリアのナチュラルスキンケアブランドを初めて試す人にはお勧めのブランドです。

Priceline(プライスライン)やChemist Warehouse(ケミスト・ウェアハウス)のようなドラッグストアだけでなく、Coles(コールス)のようなスーパーマーケットでも購入可能です。

スコダ
スコダ
お手軽に試せるのがいいね!
  • 自然素材使用
  • 動物に優しい
  • 環境に優しい
  • オーストラリア産

以下の成分は商品に一切使用されていません

  • ミネラルオイル
  • ラウリル硫酸ナトリウム(SLS/SLES)
  • 合成香料
  • ラノリンや蜂蜜、蜜ろうなどの動物性由来成分
  • 合成着色料
  • 洗浄力の強い洗剤
  • プロピレン・グリコール
  • ジエタノールアミン
  • トリエタノールアミン
  • モノエタノールアミン
  • フタル酸
  • トリクロ酸
  • パラベン
  • シリコン
  • EDTA(エチレンジアミン四酢酸)
  • 遺伝子組換え

緑野菜の栄養を配合したデトックス・クレイマスクは日本からも購入できますよ。

 

黄金のオイル「The Jojoba Company(ザ・ホホバ・カンパニー)」

オーストラリアのお土産スキンケアThe Jojoba CompanyPhoto by Sukoda – Australian Jojoba 30ml $19.95(約1400円) 2020年4月現在1オーストラリアドル=約69円

2008年にニューサウスウェールズ州のイエンダで父と娘が立ち上げたオーガニックスキンケアブランドThe Jojoba Company

家族経営農場で無農薬栽培されたホホバの種子を「コールドプレス製法」で抽出して得られる黄金色のオイルを使用したスキンケア製品を展開しています。

フェイスケアだけでなく、ボディケアやベビーラインのアイテムも揃っています。

人気商品は100%ナチュラルで高品質のAustralian Jojoba(オーストラリアン・ホホバ)。

ホホバは抗酸化物質脂肪酸ビタミンA・D・Eに溢れ、栄養豊富。

健康な肌の人の皮脂と同じ分子構造を持つため、天然の活性成分が肌の奥深くまで浸透しやすいのだそう。

敏感肌乾燥肌ニキビ小ジワに効果が期待できるとのこと。

お風呂上がりにマッサージをしながらつけると、リッラクスでき、体だけでなく心も癒されますよ。すっーと肌になじんで潤いを与えてくれる、万能オイルです。

さらっとしたつけ心地なのでオイルが苦手な方も使いやすいと思います。

スコダ
スコダ
輝く黄金色は未精製で活性成分が多く入っている証拠!

ボトルも可愛くてプレゼントに最適です。

Pricelineのようなドラッグストアで購入可能です。

  • 自然素材
  • 無香料
  • 動物に優しい
  • ビーガンフレンドリー
  • 環境に優しい
  • オーストラリア産

以下の成分は商品に一切使用されていません

  • 化学薬品
  • 人工着色料
  • 人工香料
  • 石油化学製品
  • ラウリル硫酸ナトリウム(SLS/SLES)
  • シリコン
  • パラベン
  • 鉱油

黄金色のオーストラリアン・ホホバオイルは日本からも購入できますよ。

 

ナチュラルスキンケア&ヘアケア「A’kin(エイキン)」

オーストラリアのお土産スキンケアA'kinPhoto by Sukoda – Moisture Rich Lavender & Anthyllis Leave-In Conditioner$19.95(約1400円) 2020年4月現在1オーストラリアドル=約69円

1994年にオーストラリアでヘアケアブランドのAl’chemyとして誕生。

その後、2002年にスキンケアのA’kinが加わり、現在はヘアケアとスキンケア共にA’kinのブランド名で製品を展開しています。

植物化学者が創設者ということもあり、植物エキスが豊富なアイテムが充実。

ラベンダーや薬草のいい香りがする、洗い流さないトリートメントは、つけた瞬間から毛先がしっとりと潤い、髪の収まりが良くなります。

髪質によって選べるヘアケアアイテムは、いろいろな香りがあるので選ぶのが楽しくなりますよ。

PricelineChemist Warehouseのようなドラッグストアで購入可能です。

  • 動物に優しい
  • 100%ビーガン
  • 環境に優しい
  • オーストラリア産

以下の成分は商品に一切使用されていません

  • パラベン
  • 硫酸塩
  • 人工着色料
  • 人工香料
  • エトキシル化クレンザー
  • シリコン
  • 鉱油
  • フタル酸
  • ジエタノールアミン(DEA)

赤ちゃんの肌にも安心「Four Cow Farm(フォー・カウ・ファーム)」

オーストラリアのお土産スキンケアFour Cow FarmPhoto by Sukoda – 100% Natural Baby Wash(485ml) $28.95(約2000円)/100% Natural Baby Lotion(485ml) $30.50(約2100円)/Calendula Remedy Balm(Large) $28.95(約2000円)/Tee Tree Remedy(Large) $22.90(約1600円) 2020年4月現在1オーストラリアドル=約69円

クイーンズランド州の南東にあるブラックオール山脈で生まれた、オーガニックスキンケアブランドFour Cow Farm

母であり、祖母でもある助産師さんが、自分の孫たちのためにできる限り自然なクリームを作ったのが始まりだそう。

家族経営で現在もおばあさんの手作りレシピを使って作られている全ての商品。

高品質の自然素材にこだわり、香料化学物質人工添加物一切使用していないとのこと。

私がFour Cow Farmに出会ったのは、我が子が四ヶ月を迎えた頃にアトピー性皮膚炎の症状が出た時でした。

病院で処方されたクリームを使っても症状が良くならず、薬ではなく自然なクリームでいいものはないかとリサーチをしている時にカレンデュラ(キンセイカ)のバームを発見。

思い切って購入してみたのがきっかけでした。使用してしばらくしてアトピー性皮膚炎の症状は落ち着き、現在も愛用しています。

スコダ
スコダ
赤ちゃんの肌に優しいのは嬉しい!

Four Cow Farmでは、赤ちゃん向けの製品だけでなく、家族向けや妊婦さん向けのアイテムも充実しています。

家族経営のスキンケアブランドなので大手のドラッグストアでは手に入らないのですが、提携しているお店では購入可能。

オンラインでも購入できます。詳細はFour Cow Farmをご覧ください。

  • オーガニック・自然素材100%
  • 動物に優しい
  • 環境に優しい
  • オーストラリア産

以下の成分は商品に一切使用されていません

  • パラベン
  • プロピレン・グリコール
  • ラウリル硫酸ナトリウム(ALS/SLS/SLES)
  • コカミドプロピルベタイン
  • 人工香料
  • 人工着色料
  • 合成洗剤
  • 石油系原料
  • 鉱油
  • ラノリン
  • フタル酸エステル
  • 塩素水
  • 遺伝子組換え

ナチュラルスキンケアからコスメまで「Natio(ネイティオ)」

オーストラリアのお土産コスメNatioPhoto by Sukoda – Men’s Daily Face Wash $12.95(約900円) /Under Eye Cushion Concealer $17.95(約1300円)/Moisturising Lip Balm $4.95(約350円) 2020年4月現在1オーストラリアドル=約69円

1993年にメルボルンで創設された、家族経営のナチュラルビューティーケアブランドNatio

植物エキスやエッセンシャルオイルなど質の良い自然素材を使用した、植物ベースのナチュラルスキンケア製品を提供しています。

Natioの魅力は、フェイスケアだけでなくボディケアやヘアケア、メイクアップ、メンズラインと充実したアイテムがリーズナブルな価格で手に入るところ。

スキンケアだけでなく、お手軽にオーストラリアのナチュラルコスメも試したいという人にぴったりのブランドです。

私が愛用しているコンシーラーにはザクロとカカドゥプラム、リップバームにはビタミンEとアロエベラが使用されています。

他にも、小さくて可愛い色のリップグロスやマニキュア、ボディスクラブ、バスソルトなどいろいろなアイテムを扱っているので、見ているだけで楽しくなりますよ。

PricelineChemist Warehouseのようなドラッグストアで購入可能です。

  • 植物ベース
  • 動物に優しい
  • オーストラリア産

ミネラルメイクアップといえば「nude by nature(ヌード・バイ・ネイチャー)」

オーストラリアのお土産コスメPhoto by Sukoda – Sheer Glow BB cream $29.95(約2100円) 2020年4月現在1オーストラリアドル=約69円

2008年にシドニーで生まれたコスメブランドnude by natureオーストラリアのNo.1ミネラルメイクアップブランドです。

100%自然素材から作られ、化学品合成成分保存料を使用しない「肌に優しいメイクアップ」。

天然のビタミンCが豊富なカカドゥプラムやアンチエイジングに効果のあるリリピリなど、オーストラリアのネイティブ素材を使用しているのが特徴です。

私が愛用しているBBクリームは、軽いつけ心地。カバー力はあまりありませんが、ナチュラルで潤った感じに仕上がります。

ビューティーアワードを受賞するくらいオーストラリアで大人気のブランドです。

PricelineChemist Warehouseのようなドラッグストアで購入可能です。

  • 自然由来の原料を使用
  • 動物に優しい

以下の成分は商品に一切使用されていません

  • パラベン
  • シリコン
  • タルク
  • オキシ塩化ビスマス
  • シロキサン
  • フタル酸エステル
  • 硫酸塩
  • ポリエチレングリコール
  • トリクロサン
  • フェノキシエタノール
  • カルミン

オーストラリアのお土産にぴったりな定番スキンケアアイテム

ここでは、オーストラリアの家庭に必ず常備されていると言っても過言ではない定番のアイテムをご紹介します。

Lucas’ Pawpaw Remedies (ルーカス・ポーポー・レメディーズ)

オーストラリアのお土産スキンケアLucas' Pawpaw OintmentPhoto by Sukoda – Lucas’ Pawpaw Ointment $6.60(約460円) 2020年4月現在1オーストラリアドル=約69円

クイーンズランド州、ブリスベンで100年以上続く家族経営のブランドLucas’ Pawpaw Remedies

大人気のLucas Pawpaw Ointment(ルーカス・ポーポー・オイントメント)は、植物学と医学に情熱を注いだスコットランド出身のルーカス博士が開発したオリジナル製法に基づいて作られています。

いろいろなブランドのポーポークリームがありますが、このブランドのものがオリジナル。

コンパクトなサイズで、ハンドバッグに入れてリップクリームとして持ち歩くオージーが多いですよ。

リップクリーム以外にも、軽い火傷日焼け後のケア切り傷トゲひび割れ虫刺されオムツかぶれなど、赤ちゃんから大人まで家族みんなが使える天然発酵パパイヤ配合の万能軟膏クリームです。

PricelineChemist WarehouseのようなドラッグストアやColesWoolworthsのようなスーパーマーケットでも購入可能です。

スコダ
スコダ
オーストラリアの定番アイテムだよ。
  • クイーンズランド州で育った新鮮なフルーツと高品質な素材を使用
  • 純度・安全基準を満たしています

万能軟膏クリーム、ルーカス・ポーポー・オイントメントは日本からも購入できますよ。

Thursday Plantation(サーズデイ・プランテーション)

オーストラリアのお土産スキンケアTee tree oilPhoto by Sukoda – Tee Tree Oil 50ml $16.50(約1150円) 2020年4月現在1オーストラリアドル=約69円

40年近く続くニューサウスウェールズ州のバリナのヘルスケアブランドThursday Plantation

ボディケアやフェイスケア、フットケア、ヘアケア、マウスケアと充実したアイテムを取り扱っています。

その中でも特に有名なのは、オーストラリアに自生するティーツリーの葉から抽出された、100%ピュアでナチュラルなティーツリーオイル

ティーツリーオイルは先住民のアボリジニが昔から使用する自然の万能薬。

様々な効能があり、軽い切り傷火傷ニキビ虫刺され水虫などに使うことができます。

また、殺菌消毒消臭作用があるので、スキンケアだけでなく部屋の除菌やお掃除にも使えて便利。

風邪を引いて鼻づまりが辛い時に、「ボウルにお湯を張ってオイルを一、二滴垂らし、頭から大きめのタオルをかぶって目を閉じて蒸気を吸い込むように深呼吸をする」という使い方もできます。

スコダ
スコダ
スーッとして楽になるよ。

PricelineChemist Warehouseのようなドラッグストアで購入可能です。

  • 合成パラベン不使用
  • ラウリル硫酸ナトリウム(SLS/SLES)不使用
  • 洗浄力の強い洗剤不使用
  • 動物に優しい
  • オーストラリア産
100%の精油なので小さい子供の手の届かないところに保管してください。
危険な薬品としての取り扱いが必要です。
詳しくは、Thursday Plantation をご覧ください。

人気のティーツリーオイルは日本からも購入できますよ。

オーストラリアのお隣「ニュージーランド」のスキンケアブランド

オーストラリアのご近所ニュージーランドのブランドですが、高品質のアイテムなのでお勧めです。

Trilogy(トリロジー)

オーストラリアのお土産スキンケアTrilogyPhoto by Sukoda – Certified Organic Reship Oil 45ml $42.95(約3000円) 2020年4月現在1オーストラリアドル=約69円

2002年にオーストラリア出身の姉妹によって創設された、ニュージーランドのナチュラルスキンケアブランドTrilogy。オーストラリアでも人気のブランドです。

特にオーガニックのローズヒップオイルは、美容雑誌で賞を受賞している人気商品。

栄養素を壊さずに抽出する「コールドプレス製法」を用いて作られています。

オーガニックのローズヒップの種子から抽出されたオイルは体内では生成されない必須脂肪酸を80%以上含み、肌を回復・活性化させる効果があるそうです。

顔だけでなく全身に使うことができ、傷跡ストレッチマークの予防・改善シワ対策などのアンチエイジングに効果が期待できます。

ローズヒップ独特の香りがしますが、朝と夜、数滴を顔やデコルテになじませるようにして使用すると、さらっと肌に浸透してなじみますよ。

私自身、使い続けることで、肌にハリや弾力、ツヤが戻ってくることを実感しました。

スコダ
スコダ
髪の毛が乾燥して気になる時は、毛先に塗ってもOk!

PricelineChemist Warehouseのようなドラッグストアで購入可能です。

  • オーガニック・自然素材使用
  • 遺伝子組換え不使用
  • 動物に優しい
  • 環境に優しい
  • ニュージーランド産

オーガニックのローズヒップオイルは日本からも購入が可能です。

Sven’s Island(スベンズ・アイランド)

オーストラリアのお土産スキンケアSven's IslandPhoto by Sukoda – Miracle Manuka $24.95 (約1700円) 2020年4月現在1オーストラリアドル=約69円

大自然に囲まれたニュージーランドの離島・グレートバリア島で1985年に生まれたスキンケアブランドSven’s Island全ての素材は植物から」というのがこだわり。

フェイスケアやボディケア、ベビーケアアイテムを展開しています。

オーガニックのマヌカの葉から抽出されたオイルやマシュマロルートから作られているMiracle Manuka(ミラクルマヌカ)が人気商品。100%ナチュラルで全身に使える軟膏クリームです。

ニュージーランド先住民のマオリ族によって薬のようにして使われてきたマヌカの木。

マヌカオイルには抗菌・抗ウイルス作用があり、さまざまな皮膚のトラブルを落ち着かせて、修復する効果があるとのことです。

Miracle Manukaのクリームは、肌の乾燥かゆみ炎症擦り傷軽い切り傷火傷に効果が期待できるそう。

赤ちゃんの肌にも使えるクリームを探しているときに出会い、それ以来愛用しています。優しいハーブの香りのする、使い心地のいいクリームです。

Mr. Vitaminsのようなオーガニック製品を扱うヘルスストアで購入が可能です。

  • 100%植物性原料
  • 合成香料、保存料、パラベン不使用
  • 石油系原料不使用
  • 動物に優しい
  • 環境に優しい
  • ニュージーランド産

ローズヒップオイルとホホバオイルはどっちがいい?

「ローズヒップオイルとホホバオイル、どっちがいいのかな?」と迷う人もいるかもしれません。

どちらも、100%オーガニック・ナチュラルのオイルなので、好み目的によるところが大きいかと思います。

ローズヒップオイルは濃い黄色に近い色で、少し重い感じのオイルになります。私はあまり気にならないのですが、独特の香りがするので、もしかしたら苦手という人もいるかもしれません。

トリロジーのローズヒップオイルPhoto by Sukoda

必須脂肪酸を多く含んでいるので特にアンチエイジングの効果を求める人にオススメです。また、ストレッチマークの予防や改善、傷跡の改善にもいいですよ。

ホホバオイルは強い香りはなく、透き通った黄金色で軽めのオイルです。

ザ・ホホバ・カンパニーのホホバオイルPhoto by Sukoda

すべてのスキンタイプに使用できますが、特に敏感肌乾燥肌の方にオススメです。また、日焼け後のケアにもいいですよ。

私はというと、以前はローズヒップオイルをメインに使用していたのですが、ホホバオイルを試しに使ってみた時に肌への浸透力の強さを感じてからは、

  • 顔やデコルテにはホホバオイル
  • 体の乾燥や傷跡にはローズヒップ

というように使い分けるようになりました。ぜひ参考にしていただければと思います。

スコダ
スコダ
これらの商品は日本からも購入可能ですよ。

最後に

ご紹介してきたように、オーストラリアには高品質でリーズナブルな価格のナチュラルスキンケア・コスメブランドが数多くあります。

  1. Skin(スキン)
  2. The Jojoba Company(ザ・ホホバ・カンパニー)
  3. A’kin(エイキン)
  4. Four Cow Farm(フォー・カウ・ファーム)
  5. Natio(ネイティオ)
  6. Nude By Nature(ヌード・バイ・ネーチャー)
  7. Lucas’ Papaw Remedies(ルーカスポーポーレメディーズ)
  8. Thursday Plantation(サーズデイ・プランテーション)
  9. Trilogy(トリロジー)
  10. Sven’s Island(スベンズ・アイランド)

お肌につけるものなので、使う素材にこだわったブランドが多いのは安心。

また、動物や環境そしてお財布にも優しいのは嬉しいですよね。

今回紹介したブランドの商品の多くは、オーストラリアのドッラグストアやスーパーマーケットなどで気軽に購入することができ、お土産やプレゼントにも最適です。

この機会に、オーストラリアのオーガニックなライフスタイルから生まれたスキンケア・コスメブランドを試してみませんか?

スコダ
スコダ
チョコレート好きの人は以下もご覧ください!
オーストラリアのお土産で女子が喜ぶチョコレート
オーストラリアのお土産!女子が喜ぶヘルシーなチョコレート3選『オーストラリアのチョコレートのお土産といえば、Tim Tam(ティムタム)でしょ?』と思っている方におすすめ!オーストラリアのスーパーやドラッグストアで気軽に購入可能な、ヘルシー&オーガニックチョコレート3選をご紹介します。ダイエット中でも罪悪感なく食べられますよ。 ...

最後までありがとうございました。
この記事が「役立ったよ」という方は応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ